EnJoeToh

Apr 18

Apr 6

“現代の矯正歯科が目指すのは、ワイヤーやブレース、ゴムを使って、完璧な「被蓋咬合」を形成させることである。被蓋咬合とは、ちょうど箱に蓋が被さるように、下の切歯に上の切歯が被さる状態を言う。(中略)発見された昔の人骨から、西洋世界では被蓋咬合が人間の「標準的な」歯並びになってからまだ二〇〇〜二五〇年しか経っていないことがわかった。それ以前の人類は切端咬合で、類人猿と似ていた。被蓋咬合は進化の結果ではない──進化するにはあまりに時間が短すぎる。” 『キッチンの歴史』ビー・ウィルソン(河出書房新社)真田由美子訳。p96

Apr 1

Mar 31
“それでも暴力は、進化のほぼあらゆる過程に比べて、現代ではずっと稀になってきた。前出のサミュエル・ボウルズの試算では、標準的な狩猟採集民の場合、暴力が原因で死ぬ確率は一四パーセントだった。それに比べると今日の世界における死因に占める割合はとても小さい。暴力が原因の死は、全死因のおおよそ一・三パーセント──ボウルズの試算の十分の一以下だ。これには戦争、都市における暴力などすべてが含まれるが、驚いたことにそれでも自殺による死亡率よりも低い。交通事故による死亡率の半分を少し超えているにすぎない。今日の世界に住む市民なら、自らの手で死ぬ確率のほうが、他人の手にかかって死ぬ確率よりも高いのだ──ただし、その人が車を運転しているときは別だが。” 『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』P・シーブライト(みすず書房)山形浩生、森本正史訳、p79

Mar 23
胎児の3Dプリンター出力サービス。

胎児の3Dプリンター出力サービス。


hammerhead-metal:

Funny Stoves

hammerhead-metal:

Funny Stoves


Mar 22
革マルも……。

革マルも……。


Mar 13

Mar 6
“ザナドゥ計画 (Project Xanadu) は、世界最初のハイパーテキストプロジェクト。1960年、テッド・ネルソンにより創始された。公式サイトでは、紙媒体との発想の違いを強調している。曰く、「今日、広く使われているソフトウェアは紙媒体を模している。(同様に紙媒体の模倣である)World Wide Webは、リンクが一方向で途切れ易く、バージョン・コンテンツの管理を欠いている。こうしてWWWは、我々が元来構想していたハイパーテキストモデルをつまらないものにしてしまった」。”

Page 1 of 128